声楽は法律や常識にとらわれない、自由なパフォーマンス!

♪ ベストホスピタリティーズのワイドボイストレーニング

 ボイストレーニングとは歌だけのものではありません。発声をするには声帯のみならず体のいろいろな組織力を使います。そのため結果的に健康に資するわけです。

 ベストホスピタリティーズのボイストレーニングは講師自身が実践してつかんだものです。このことから自信をもってお伝えることができます。

♪♪ 特  徴

”ワイド”ボイストレーニングの提唱する特徴

   1.簡単にできること 

   2.どこでもできること 

   3.道具は使わないこと 

   4.毎日20分ほどの時間でいいこと 

   5.自然に音域が広がること 

   6.自分のイメージ通りの歌唱ができるようになること

 

このトレーニング方法による効果は年齢を問いません。

ファンの方には申し訳ありませんが、松田聖子さんや八神純子さんなどは若い時ほど声に張りがありません。もっともです。いかに訓練しながらとはいえ、今まで長い間歌ってきたからです。やはり体は酷使すればそれだけ影響が出るでしょう。

逆に言えば専門的な訓練をしてこなかった人は、声の良くなる可能性を秘めているといえます。つまり声の使いべりがしていないのです。

こういった意味でシニアの方などもあきらめる必要は全くないといえます。講師は58歳からこの方法で4オクターブを超える声域が取れました。

 

内臓脂肪も減り、研修の際にも「声が優しく、非常に聞き取りやすかった」「さわやかな語り口で、とても聞き取りやすかった」などのアンケートもいただいております。 


♪♪♪ ”ワイド”ボイストレーニングの方法

アメリカ英語にヒントがありました。彼らの発音はのどの奥で発音する言葉が多いです。そのため響きが豊かです。日本語の歌と一番違いが分かりやすいのがコーラスワークです。日本語のコーラスが正確に音程が合わないと響かないのに対して、英語のコーラスワークは多少音程がずれていても耳障りではありませんし、むしろ味になる場合さえあります。

 

トレーニング方法

1.下腹から横隔膜、さらに腰回りの筋肉を使って空気をポンプのように下から上と送り出すイ 

  メージを持つ

2.余計なところに力を入れずに、お腹の底から声帯を通り体の外まで一直線に息~声が通って

  いく、という感覚。

3.その押し上げられた空気をそのまま声帯を震わせる発声に使うのではなく、唇をすぼめた状

  態で行う。

4.そうすると出口が極端に小さくなるため、行き場のなくなった空気が肺や声帯部や口の中を

  押し広げる。この圧力のかかった状態で裏声で音階を発声する。

 

訓練方法はこれ一つだけです。

これだけで特にシニアの方には若々しい声が獲得できるはずです。


♪♪♪♪ 講師によるレッスン

1.40分 2,000円

2.現在専用会場をもっていないため、カラオケボックスを生徒さんの費用で借りていただきレッスンいたします(平日昼間1時間100~200円。ほかにドリンク代が必要なお店もあるようです)

また発声訓練の際の音量がさほどでないため、家庭内でも十分可能です


問い合わせ

                         ベストホスピタリティーズ

                         ボイストレーニング

                         電話070-6494-9802

                         メールでの問い合わせは、ホームページ内の問い合わせフォームからどうぞ・・・

 

                         どうぞ、素敵な音楽生活のお手伝いをさせて下さい。


2016年12月16日

 仙台市泉区にある商業施設内で行われている「タピオ館立オープン大学」において、ワイドボイストレーニングの初講習を行いました。

 http://tapidai.exblog.jp/27377547/